コンドロイチンの効果: グルコミサン&コンドロイチンの美肌効果
>がん(癌)と告知されたあなたへ、食事療法でがん(癌)と闘いませんか<

2011年10月15日

コンドロイチンの効果の詳細

コンドロイチンの持つ力は計り知れないものがあります。

人間の体の中にコンドロイチンは存在するのですが、
どんどんなくなっていくようです。

では、そのコンドロイチンの効果の詳細を説明いたします。

いつまでも元気で暮らしましょう。

最近、TVや雑誌などでよく見かける「コンドロイチン」。

コンドロイチンは軟骨に含まれる食物繊維の一種で、
フカヒレやアワビ、鶏や豚などの軟骨に多く含まれています。

私たちの体内に存在しているコンドロイチンは、
年齢を重ねると共に、減少していくと言われています。

コンドロイチンは細胞同士を結合する働きを持っていたり、
弾力性や体内の水分を維持する働きを持っているそうです。

コンドロイチンの効果として特に有名なのは、
抗炎症作用による関節痛や腰痛の緩和ですよね。

医薬品としても使われているので、症状の改善や予防にも効果的です。

軟骨を形成する作用のあるグルコサミンと併用すると、
さらに効果アップをはかれるでしょう。

また、骨や関節に効果があるだけでなく、新陳代謝の活性化もはかってくれるのです。

新陳代謝が活性化されると、
体内に蓄積されている老廃物が体外へ排出されやすくなります。

老廃物の排出が促進されれば、
血液中のコレステロールの沈着を防ぐことが出来るので、
生活習慣病の予防にもなりますし、血管を丈夫に保つことが出来ます。

そして、意外と知られていないコンドロイチンの効果としてあげられるのが、
お肌への影響です。

あまり知られていないのですが、
コンドロイチンの持っている保水力は驚異的だと言われています。

この保水力でお肌の潤いをキープしてくれますし、
コラーゲンを正常に保つ効果もあるので、
お肌にハリがなくなったなぁとお悩みの方にもおすすめです。

お肌のトラブル予防や改善にも、効果を発揮してくれるでしょう。
posted by supplement-gc at 18:25| コンドロイチンの効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。